潤いがあり透明感のある美しい肌を手にするために、毎日行なう正しいスキンケアは絶対に欠かせないものです。そこで効果的に活用したいのが美白薬やオイルでしょう。
たとえば、スキンケアでオイルを使うことには幾つものメリットがあります。その一つは、高い浸透力があるという点です。成分的に見て肌の組成と似ているため、肌にしっかりなじむのが特徴です。肌の水分と結びつき、蒸発するのを防ぐことができます。結果として、肌が乾燥し過ぎることなく、潤いが保たれるというわけです。
もちろん、スキンケアで使うことのできるオイルはたくさんあるものです。たとえば植物性のものとしては、ホホバオイルやオリーブ、マカダミア、月見草などが有名です。中でも、バラの実から抽出したローズヒップオイルには、美白薬としての効果も持っていると言われています。またリノール酸などを豊富に含んでいるため、スキンケアに欠かせない潤いとハリを肌に与えることができます。さらに、ビタミンによる美白効果があるため、上手に使えば美白薬にも似た効果を期待できるというわけです。
これら植物性のものに加えて、スキンケアに効果があるオイルには動物性のものもあります。たとえば、ダチョウに似たエミューの脂肪から抽出したものものや、スクワラン、また馬油といったものがあります。それぞれがスキンケアに効く効果を持っているため、これらを上手に活用することができるでしょう。
ある種のオイルは、手持ちの化粧品と混ぜても使うことができます。また化粧水が十分に浸透しないように感じた時などに、化粧水をつける前にオイルを少量使うなら肌がより一層柔らかくなり、化粧水が浸透しやすくなるとも言われています。